外付けHDDはなぜ使用部品が多いのか?

今回はなぜ外付けハードディスクが壊れやすいのか考えてみます。

外付けハードディスクは、内蔵型のハードディスクよりも使用部品が多いですが、その理由としては内蔵型と同じように、通常のハードディスクの機能も必要ですし、それからUSBやFireWireの形式にデータ変換して、それをパソコンにデータ送信するというデータ変換の機能も必要になるので、どうしても使用部品が多くなってしまうのです。

外付けであるためパソコンとのデータのやりとりも多くなりますし、それだけパワーを消費し負担がかかるものなのです。

故障する場合も、外付けハードディスク本体の故障ではなく、接続部であるUSBポートなどが故障する場合だってあるのです。





Copyright © HDD復旧ナビ All right reserved.